ブログトップ | ログイン

ビーボックスアクアリウム ビバリウム・熱帯植物情報

埼玉県八潮市にある関東を代表するアクアショップ


by b-box_plant
プロフィールを見る
画像一覧

コケリウムのススメ。

まいど。佐々木です。

1F淡水コーナーにて、コケリウム水槽を新たに新設しております。せっかくなので、コケオンリーでレイアウトしてみました。



コケリウム(30cmキューブ)
e0190138_18235928.jpg

e0190138_182458.jpg

e0190138_18241270.jpg

離れ小島で釣りをするじいさん。コウヤノマンネングサで樹木をイメージしてます。





e0190138_18241918.jpg

e0190138_18242576.jpg

扁平でシャープな形の石を敢えて縦に配置して遠くの山をイメージしてます。
『山』の周辺には毛先が細く、直立しやすいヒノキゴケを配置して、遠くの木々に見えるようにしています。


主に使用したコケは、、、ハイゴケ・コツボゴケ(匍匐型)・コウヤノマンネングサ・ヒノキゴケです。もちろん、販売中のコケシートを使ってますので、実際に店頭でも販売中です!
水換えも不要で、水槽自体も小型水槽でOK。水がない分、水槽が重くなりにくく土台もアクアリウムより選びやすいなどなど。。。メリットはたくさんあります!!

注意点としては、乾燥させすぎないこと。定期的に霧吹きで水気を与える。などです。(苔の種類により程度は異なります。)



ぜひぜひ、コケリウムにチャレンジしてみてはいかがでしょうか??興味がある方はお声がけいただければアドバイスいたします!!
ついでなので、展示のテラリウムもご紹介します。







30cmハイタイプ・テラリウム水槽
e0190138_18453214.jpg

e0190138_18454011.jpg

水中フィルターを分水器仕様に改良して流木の先端にウッドタイトで止めてます。ついでにボールバルブを付けて各チューブの排水量をイジれる工夫もしてます。細部の見えないところも手を抜かないことがテラリウム・アクアリウムのレイアウトの信条?ではないでしょうか。

モウドクフキヤガエルはフィギュアです。佐々木の私物です。アキバでガチャガチャしたやつです。あげません。





e0190138_18454688.jpg

マーブルハチェット。水面で泳ぐ系の魚はやはりテラリウムで映えますね。クラウンキリーなんかもいいですね。





e0190138_18455288.jpg

写真では伝わりづらいですが、ポタポタと水が滴ってます。





90cmスリム・テラリウム水槽
e0190138_1855384.jpg

つい先日、若干のレイアウト変更をしました。





e0190138_18551268.jpg

底面フィルターの排水パイプが露出しないよう、トンネル型のコルク材を仕込んでいます。





e0190138_18551964.jpg

ホウオウゴケ。水中化したものがちょくちょく出回ります。水上で配置させるなら、日陰~半日陰の湿り気があるところがベスト。





e0190138_18552531.jpg

e0190138_18553135.jpg

立体的に水槽から突き出た流木って個人的には大大大好きです!店内で見る時はイメージしにくいですが、実際に自室にレイアウトしたときに、こういう流木の出っ張りがあると、帽子やアクセサリー引っ掛けたり、指輪置きにしたり、クリップライトや間接照明挟んだりと単純にインテリアのアクセントになるからです。



店内にはまだまだアクアリウム・テラリウム・ビバリウムの展示水槽が数多くありますので、参考にしてみてください。

では!!
by b-box_plant | 2014-11-18 19:13